マルヘイ農園(安部 平左エ門)

マルヘイ農園(安部 平左エ門)山形県米沢市

生産者写真 マルヘイ農園(安部 平左エ門)山形県米沢市

美味しいさの秘訣は有機栽培。11代目「平左エ門」の丁寧な米作り。

アイコン
画像

受け継がれた土地と名前。11代目「平左エ門」

安部さんの田んぼがある山形県米沢市は、四方が山に囲まれており、吾妻山系からの清らかな雪解け水が豊富に流れ込む地域です。盆地のため、夏は暑く苦労も絶えませんが、冷たい水が豊富にあるため、水不足の心配はありません。安部さんはこの地域で代々農業を営み、土地と技を受け継いできました。また、11代目として「平左エ門」の名前を襲名し、18歳から農業一筋。現在はつや姫を中心に雪若丸やミルキークイーンなどを栽培しています。

画像

かつての悔しい想いが、優しく味わい深い米作りの原点

農薬や化学肥料を減らした栽培にこだわる安部さんは、かつて一般的な慣行栽培で米作りをしていた時に、お客様から「味がしない」と悔しい評価を受けたことがあると言います。そこから徹底的に勉強と実践を繰り返し、有機質肥料・ミネラル資材の活用から飛躍的にお米の美味しさが上がってきたと言います。化学的な物ではなく、自然のもので丁寧に土を作ることで、悩まされていた稲の病気も大幅に改善。安心して食べられる米作りが美味しさの秘訣と安部さんは語ってくれました

画像

自分の納得がいく米作り

安部さんが目指すのは、キラキラと輝き、香り良く、透明感のあるお米。お米は1年に1回しか勝負できないため、他の人より苦労してでも自分が納得するお米が作るため、自分を鼓舞しながら稲と向き合っていると言います。有機は非常に難しく、試行錯誤を繰り返し、毎年が勉強ではありますが、手間暇かけてやってきたことが少しずつ実り、お客様から嬉しい声も多く寄せられるようになりました。近年ではグループで輸出プロジェクトもスタートしており、国内外に自分たちのお米もをもっとアピールしていきたいと語ってくれました。

マルヘイ農園(安部 平左エ門)のお米

Copyright © Tsunagi.All rights reserved.