農林48号

歴史

農林48号は戦後まもなく、農林8号と陸羽132号を交配し育成されたお米。陸羽132号は宮沢賢治も奨励したと云われる品種。開発当時は山梨県で奨励品種に指定されていたものの、出穂期が遅くいもち病に弱いことから、徐々に山梨からもその姿を消していく。現在も山梨県の旧武川村等の一部地域で栽培される程度で、一般に出回ることはあまりない希少な品種。

こんなお米

農林48号は冷害に弱く、栽培しやすい米ではないが、食味の良さと香ばしさが特徴のお米。甘い味と、ご飯のふわっとした匂いとが口の中で交じり合う。都内の高級寿司店等が着目し、徐々に注目度が高まっている。

ツナギのお米はここが違う

日本全国各地には、米の栽培方法や土壌、品質管理に至るまで、
さまざまなこだわりを持つ農家が存在します。
丁寧に育てられたお米の品質は素晴らしいものの、その多くはスーパーなどでは流通せず、
全国的にもあまり知られていません。

美味しいお米のセレクト通販【ツナギ】では"お米のプロ"である五ツ星お米マイスターが
全国各地を巡り、最高の品質・味・こだわりをもつ米農家を探し、直接取引をしています。
それにより、厳選した本当に美味しい、安心・安全な上質のお米だけを、
全国の契約農家から精米したての新鮮な状態でお客様の食卓に直送することを実現しています。

Copyright © Tsunagi.All rights reserved.