農林48号

歴史

農林48号は戦後まもなく、農林8号と陸羽132号を交配し育成されたお米。陸羽132号は宮沢賢治も奨励したと云われる品種。開発当時は山梨県で奨励品種に指定されていたものの、出穂期が遅くいもち病に弱いことから、徐々に山梨からもその姿を消していく。現在も山梨県の旧武川村等の一部地域で栽培される程度で、一般に出回ることはあまりない希少な品種。

こんなお米

農林48号は冷害に弱く、栽培しやすい米ではないが、食味の良さと香ばしさが特徴のお米。甘い味と、ご飯のふわっとした匂いとが口の中で交じり合う。都内の高級寿司店等が着目し、徐々に注目度が高まっている。

    現在、商品はございません。

Copyright © Tsunagi.All rights reserved.
6,500円以上お買い上げで送料無料