宮城県

宮城県のお米はひとめぼれを筆頭にササニシキ、まなむすめが作付上位品種として多く作られています。特にひとめぼれのシェアが高いのが特徴です。これは、平成5年の大冷害の時にササニシキの被害が大きく、新しい品種の「ひとめぼれ」の作付けが増えたのがきっかけです。
宮城県の気候は夏は酷暑が少なく冬の降雪量は東北の中では少ないので比較的過ごしやすいのが特徴です。 宮城県のお米の作付面積(平成24年)は、70,200haとなっており、奥羽山脈と太平洋との間の広大な平野部に主に水田が分布しています。

ツナギのお米はここが違う

日本全国各地には、米の栽培方法や土壌、品質管理に至るまで、
さまざまなこだわりを持つ農家が存在します。
丁寧に育てられたお米の品質は素晴らしいものの、その多くはスーパーなどでは流通せず、
全国的にもあまり知られていません。

美味しいお米のセレクト通販【ツナギ】では"お米のプロ"である五ツ星お米マイスターが
全国各地を巡り、最高の品質・味・こだわりをもつ米農家を探し、直接取引をしています。
それにより、厳選した本当に美味しい、安心・安全な上質のお米だけを、
全国の契約農家から精米したての新鮮な状態でお客様の食卓に直送することを実現しています。

Copyright © Tsunagi.All rights reserved.