美味しいお米のセレクト通販【ツナギ】 > 品種 > ササニシキ > 宮城県産ササニシキ > ライスサービスたかはしさんの宮城県栗原市産ササニシキ(特別栽培米)

ライスサービスたかはしさんの宮城県栗原市産ササニシキ(特別栽培米)

一家でつなぐ米作り、ササニシキ発祥の地で今もこだわり続ける
米食味鑑定士推薦/特別栽培米/コンクールササニシキ・ひとめぼれ部門金賞受賞

ササニシキを作り続ける農家

以前は「あっさり」とした食感が好まれ、コシヒカリと並ぶほどの人気があったお米がササニシキだ。青森県以外の東北で主に栽培されているが、冷害に弱く平成5年の凶作を境に作付けが極端に減少し、店頭で見かけることはあまり無くなった。

そのササニシキを作り続け、さらに食味コンクールで入賞している農家がいると聞きつけ早速訪問。ツナギの趣旨」を伝え、お米を提供していただけることになった。

30haを営む専業農家

栗原市一迫地区の一戸当たりの平均耕作面積(稲)は1~2ha。高橋さんは親子三兄弟で法人化し面積を徐々に拡大。今では30haを耕作する大規模農家となった。

一迫は宮城県北部にあり稲作が主体の地区。田んぼに使う水は、雪解け水や雨水を蓄えるため山の中腹にある溜池から供給される。また、栗駒山が源流の一迫川からの供給もある。この場合、より清涼な水を使用するため生活排水の入らない上流から、田んぼ専用に水が供給される。この水と自然環境、かつ高橋さんの技術で稲は育まれていた。

ファミリーでつなぐ農業の歴史と技、
その美味しいお米

農家を引き継いだのは当初、次男の文彦さん。徐々に規模を拡大する中、長男や三男も就農を決意。農家の平均年齢が上がり後継者不足が表面化している中、兄弟すべてが就農することは、あまり無いケースだ。さらに、農地を引き継ぐだけでなく、「お米日本一コンテストinしずおか」で入賞するなど食味向上にも怠りはない。

高橋さんのお米はその食味の良さから固定客が多くいる。今はコンクールに出品することもなく販路も広げていないそうだが、ツナギの趣旨に賛同、今回の販売を快諾していただいた。

ササニシキ発祥の地、宮城県でそのササニシキを守り続ける専業農家が育んだ特別栽培米。以前はコシヒカリと二分する人気があったお米ですが、平成5年の冷害で大打撃を受け作付面積が大幅に減少し、作りやすい「ひとめぼれ」に作付が移行しました。しかし、あっさりとした食感や香りも良いことから和食など向いた、根強い人気があるお米です。
生産者 ライスサービスたかはし
産年 平成28年 品種 ササニシキ
栽培方法 特別栽培 価格(税込) 【5kg】¥2,980
商品名 ライスサービスたかはしさんの宮城県栗原市産ササニシキ(特別栽培米)
商品コード T000601S00825N
申し訳ございませんが、ただいま品切れ中です。
ツナギのお米が選ばれる理由

この商品に対するお客様の声 (→レビュー一覧はこちらから

新規コメントを書き込む
  • ★★★★  久しぶりのササニシキ  2013/07/13

    レビュアー:とみお

    昔は結構見かけましたが最近あまり売っていないササニシキを久しぶりに購入!
    いつものコシヒカリと違って、さっぱり・あっさりとしていて和食にはこっちの方が合うかも〜と思いました。

電話・FAXでもご注文受付致します
お米ソムリエに聞く