美味しいお米のセレクト通販【ツナギ】 > 品種 > ひとめぼれ > 福島県産ひとめぼれ > つちや農園さんの福島県猪苗代町産ひとめぼれ

つちや農園さんの福島県猪苗代町産ひとめぼれ

猪苗代から日本一のお米作りを目指す若手農家
米食味鑑定士推薦/慣行栽培米/コンクール地域別(岩手・宮城・山形・福島)部門金賞受賞

ミュージシャンから農業へ

猪苗代町で農家の長男として生まれ、大学進学のため上京。夢はミュージシャンになることで、卒業後も東京に留まりプロを目指してバンド活動をしていた土屋睦彦さん。そんな中、23歳の時に母がリウマチになった。父から、一人で農業を続けていくのは厳しいので会津に帰って手伝ってほしいと。当時バンドのリーダーだった自分が帰れば活動が終了する。しかし、今まで「自分のやりたいことをやれ」としか言わなかった父が「一緒に農業をやってくれ」と願う、当時は大分悩みました。その後、父の意向に反することはできず故郷に戻る。


農業と故郷を見つめ直して

初春に猪苗代に帰り就農、次いで弟も就農した。その年は豊作。小さい時から農作業の手伝いはしてきたが、本格的に農業に従事したのは初めて。父の姿を見て、土地作りから田植え・管理など手をかければその分、稲は答えてくれる。とても嬉しく、誇らしい気持ちでいっぱいになった。

田んぼがある百目貫(どうめき)地区は、粘土質土壌地帯で昔から良質な米が生産できる地域という。大昔はこの地域には川が流れていて、その沖積物のおかげで肥沃な土壌が広がる。水は裏磐梯の秋元湖が水源、噴火でできた美しい湖で水量も豊富にある。米作りには適した土地があると気づかされた。


豊作がきっかけになり、新たな夢を!

来年はどんな事に挑戦しようかなど前向きに考えるようになった。それから、さまざまな農業図書をむさぼり読むうち、父から作業方法や販売先など徐々に任せてもらえるようになった。それが更なる励みとなり、「日本一おいしいお米を作りたい」という目標が見え、第12回(平成22年)米・食味分析鑑定コンクールで地域別部門(岩手・宮城・山形・福島)では金賞を受賞。まだまだ上を目指し、家族で毎年が新たな挑戦の日々が続く。


つちや農園さんに聞きました。
つちや農園さんのお米の味を知る9の質問

1. 農業を始めたきっかけはなんですか?

父の要望。

2. 今年で何年目(何回目)の米づくりですか?

9回目

3. 昨年の米作りで大変だったことはなんですか?逆にうまくできたことはなんですか?

昨年は気象変動の激しさに苦労しました。
春の高温で育苗中ビニールハウス1棟分苗を焼いてしまいました。除草などの管理作業を楽にするためと、コンバインで切ったワラを全て還元させたくて、耕す深さを変えてみました。秋に有機物を大量に入れて深く耕し、春に肥料、土壌改良剤を入れて浅く耕しました。

その結果、代かきのときに秋に耕した深さまでトラクタのタイヤが入ってしまい、水分がその土に吸い取られて、きれいに仕上がらなくて何度も代かきをするハメになりました。失敗です。

春先の雪解けが異常に遅く、土壌が十分に乾かなかった為、乾土効果による地力チッソが例年より少なくて、夏から初秋にかけて稲が肥料切れに陥ってしまいました。こんなに極端な事象は初めての経験だったので勉強になりました。稲の登熟時期にいつまでも気温が高く、高温障害が少し見られた。ちょうどその時、水路の水も止められていたためにかけ流し等の対策が講じられなかった。
これは対策を考えなくてはならない。

そんなこんなで今年の米は出来が悪かったであろうと覚悟していました。
しかし、肥料を変えたのが功を奏したのか収量も食味も前年度より良い結果になりました。この原因が今一つ分からないのが課題ですが、本年作付けで実験検証したいと考えています。

4. お米づくりをしていて楽しいと思う事、嬉しいな~と思う事はなんですか?

一人より、みんなで作業する時楽しく感じます。
稲の成長を感じると、うれしくなります。
収穫して、収量、食味が高いとうれしいです。コンクールで金賞を頂いたときは本当にうれしかったです。あと、お米作りとは直接関係ないかもしれませんが、うちのお米を食べてくださった人に「おいしい」「うまい」とお褒めの言葉をいただくと、本当に幸せな気持ちになります。

5. 米作りの拘りのポイントはどんなところですか?

つちや農園の農法は、「良いと言われている事、モノは出来るかぎりすべて試してみる農法」です。さまざまな情報を手に入れて、それを実践してみて、自分のほ場条件、気象条件などにあったやりかたを見つけています。

肥料はアミノ酸態の魚ソリューブルに米ぬかを添加したものを使用。
また、ミネラル肥料として蛇紋岩を特別な製法で吸収されやすいカタチにした資材を、また2対1型モンモリロナイトを地力の低いほ場に投入しました。
有用微生物として、光合成細菌、乳酸菌、酵母菌などを使用しました。

25年度は従来の品種の他に、コシヒカリ、夢ごこち。かぐや姫にチャレンジします。新しい資材も何種類か試してみる予定です。

6. 影響を受けた人は誰ですか?農業に限らず、尊敬されている人はいますか?

色んな人から影響を受けていると考えています。今まで出会った友人、知人、家族、先輩、取引先のひと、それらのひとの言葉、行動、考え方などが、今の自分の自我、スタイルを形作っていると考えています。尊敬している人も沢山いますが、そのひとのすべてを尊敬しているわけではなく、部分部分です。このひとのこういう所は尊敬に値するけど、こういう所は理解しがたい。とかですね。

有名人だと宮沢賢治です。彼の作品の世界観が好きです。いつか『つちや農園』をイーハトーウ゛(賢治の唱えた理想郷)にしたいです。あと、生き方も過激ですごいと思います。あのストイックさには感嘆します。 

7. 趣味はなんですか?

読書です。飲食です。

8. この地域のどんなところが好きですか?

近所の人がみんな知り合いなのがいいなぁと感じます。昔はそれが嫌だったのですが…。水があうというか、なんか落ち着きます。田んぼ道を犬たちと散歩しているといい気分になります。
あと、遠出して帰り時に会津磐梯山が見えると、ものすごく落ち着いた気分になります。「猪苗代にかえってきたなぁ」とまるで磐梯山が「おかえり」と言ってくれているような

9. 農業の事でもそれ以外の事でも将来の夢は?

毎年平均食味値95点、最高100点。
ダイヤモンド褒賞をいただく。
安定多収入の経営をして、雇用を創出し故郷に貢献したい。
みんなが楽しく元気に働ける環境をつくりたい。
若者が猪苗代に残る町にしたい。
今は、農業の事で頭も体も手一杯だが、余裕のある生活を手に入れて、もういちどバンド活動をしたい。あれもしたい、これもしたいです!



全国ではコシヒカリに次ぐ生産量を誇る「ひとめぼれ」。粒張りが良く適度な粘りと弾力があり、コシヒカリに引けを取らない食味があります。特に会津産のひめぼれは、日本穀物検定協会の「米・食味ランキング」で4年連続で特A評価を受けています。磐梯山からでる清涼な雪解け水と生産者の家族が一丸となり育むお米は、粘りとツヤが際立ちます。

生産者 つちや農園
産年 平成29年 品種 ひとめぼれ
栽培方法 慣行栽培 価格(税込) 【5kg】¥3,150
商品名 つちや農園さんの福島県猪苗代町産ひとめぼれ
商品コード T003701S00665N
規格
個数
ツナギのお米が選ばれる理由

この商品に対するお客様の声 (→レビュー一覧はこちらから

新規コメントを書き込む
電話・FAXでもご注文受付致します
お米ソムリエに聞く