美味しいお米のセレクト通販【ツナギ】 > 品種 > コシヒカリ > 新潟県産コシヒカリ > 新潟県上越産コシヒカリ > 手づくり百人協同組合さんの新潟県上越市産コシヒカリ

手づくり百人協同組合さんの新潟県上越市産コシヒカリ

農村の原風景「棚田」と豪雪の地が美味しい米を育む
米食味鑑定士推薦/慣行栽培米

雪だるまが地域のイメージキャラクター

ある魚沼の棚田米が早々に完売してしまい困り果てたところ、その生産者から「魚沼ではないが棚田の美味しいお米があるよ」と紹介を受け早速訪問した。
その訪問先が「手づくり百人協同組合」の増野さんで、直売所を運営しながら組合(生産者)をまとめている人だった。

この安塚区は長野県に接していて標高60~450mの地域に集落があり、湿った雪が多く降るところだ。その雪質を利用してか地域のイメージキャラクターが雪だるま。いたる所に「雪だるま○○○」など場所や建物などの名称にもなっていた。


棚田の自然環境を実感!その絶景にただ心が和む。

この地域には平坦な場所が少ないため棚田が多く、坂道を上るというよりは急斜面を登るという印象だった。実際に標高が一番高い生産者の田んぼを見せてもらった。その途中にはいくつもの棚田が点在するが、増野さんは狭く急な斜面を車で上り狭い道を快調に飛ばす。両脇は崖でダンプが下ってくるが減速もせずギリギリをすれ違う、地元の人は何でもないことだろうが慣れてない人には怖い。

そして棚田へ到着。風景を眺めると標高が高いと実感する。同じ目線の遠くには山々の頂上付近があり、ここより上に民家などは当然ない。
ここでは雪解け水や湧水・雨水だけを利用し栽培する。潤沢に水があるわけでなく、田んぼ1枚の面積が小さいため農作業には過酷な環境だ。しかし、稲には最適な環境で、清涼な水・昼夜の寒暖差・ゆっくりと登熟できる気候とその期間ある。


豪雪地帯を生かした雪室貯蔵

収穫後のお米は、雪室(雪中貯蔵庫)で保管される。貯蔵庫そのものは地下4メートルにあり、降雪前の一時期を除き外からは見えないが約1,000トンの雪にスッポリと覆われている。内部は雪がほぼ満杯に入る期間、1月から9月の間は約0℃で湿度90%の状態を保つ。その他の期間でも10℃に達するかどうかだ。自然エネルギーを最大限利用し貯蔵される貴重なお米だ。



この安塚区は標高が高い山間地のため、同じ面積での収穫量は平地より少なくなります。しかし、その分、食味が高いお米が生産されています。棚田が多く日本の原風景ともいえる自然豊かな地で育まれ、夏場は雪室で保管しています。

生産者 手づくり百人協同組合
産年 平成28年 品種 コシヒカリ
栽培方法 慣行栽培 価格(税込) 【5kg】¥3,350
商品名 手づくり百人協同組合さんの新潟県上越市産コシヒカリ
商品コード T001901S00555N
規格
個数
ツナギのお米が選ばれる理由

この商品に対するお客様の声 (→レビュー一覧はこちらから

新規コメントを書き込む
  • ★★★★★  ホッとします  2015/08/23

    レビュアー:みつばち

    いくつか他のものも食べてみましたが、これが一番気に入っています。旨味と甘味と粘りのすべてがほどよくバランスが取れていて、お米のいい香りもします。昔、農家だった母の実家で食べた田舎のお米を思い出します。毎回「おばあちゃん、ごちそうさまでした!」と言いたくなる味です。
    協同組合の皆さん、いつも美味しいお米をありがとうございます。

  • ★★★★★  棚田のお米ってうまい  2013/09/07

    レビュアー:まーくん

    棚田のお米に興味をもち買ってみました。
    今まで食べていたコシヒカリと比べて甘みがあり美味しかった。
    標高の高い棚田はお米にいいのかも。また食べたいです!

電話・FAXでもご注文受付致します
お米ソムリエに聞く