美味しいお米のセレクト通販【ツナギ】 > 冨田ただすけの今月のオススメ米(2014年7月)
富田ただすけの今月のオススメ米

7月

オススメ米

渡辺農産さんの千葉県成田市産とねのめぐみ(特別栽培米)

渡辺農産さんの千葉県成田市産とねのめぐみ(特別栽培米)
食べた感想

粘りと硬さのバランスがとてもよく肉料理に合うお米。

炊き上がってから炊飯器の蓋を開けると、白くつややかな、きれいな炊き上がりがうれしいお米でした。米の割れがなく、お米の表面がつるんっとしてきれいなんですよね。

その見た目の通り、粘りと硬さのバランスがとてもよく、お米の張りを感じるような食べごたえで、なおかつしっかりとした甘みもあります。食べごたえのある硬めのタイプのお米が好きな方にはもってこいの品種ではないでしょうか。

また、私はいつもお米の炊き比べをするときに炊飯器を使って炊くのですが、「とねのめぐみ」は鍋炊きした時のような香ばしい香りをちょっとだけ感じられました。個人的にはそのちょっとした香りもうれしく、料理と合わせるとしたら食べごたえのある肉料理がいいな、と思いました。

レシピ

鶏の照り焼きのレシピ/作り方

鶏の照り焼き
レシピ

材料(2人分)

□鶏もも肉…1枚(約300g)
□A[醤油…大さじ1と1/2、みりん…大さじ1と1/2、酒…大さじ1と1/2、砂糖…大さじ1/2]

レシピ

①鶏肉は余分な皮や脂を切り落とし、フォークで皮目を何度か突き刺す。
②フライパンを中火で熱し、①の皮目を下にして焼く。こんがりと焼き色がついたら裏返し、両面をしっかりと焼く。
③Aを加えて汁気が少なくなれば火を弱め、スプーンでたれを全体にまわしかけながらしっかりと煮詰める。

鶏の照り焼き鶏の照り焼き鶏の照り焼き
富田ただすけ

冨田ただすけ(料理研究家)

1980年山口県下関市出身、愛知県在住。南山大学を卒業し、食品メーカー「ロック・フィールド」勤務後、大阪あべの辻調理師専門学校で学んだのち、日本料理店での修行や「寿がきや食品」研究開発職をへて、独立。『AERA』(朝日新聞出版)で「しあわせの白ごはん」の連載を担当する他、ムックや企業へのレシピ提供多数。ウェブでは、「All About」の「シンプル和食レシピ」ガイドをつとめ、書籍化・アプリ化もされた個人サイト「白ごはん.com」(9万〜10万PV/日)を運営している。共著に『「粗食」のきほん~ごはんと味噌汁だけ、あればいい~』(ブックマン社)がある。

運営サイト:白ごはん.com