美味しいお米のセレクト通販【ツナギ】 > 品種 > あきたこまち > 秋田県産あきたこまち > 【29年産新米】粋き活き農場さんの秋田県大潟村産あきたこまち(有機栽培米)

【29年産新米】粋き活き農場さんの秋田県大潟村産あきたこまち(有機栽培米)

20年の歳月をかけ干拓し生まれた広大な大地で育む絶品あきたこまち
米食味鑑定士推薦/有機栽培米

村全体が平坦・田んぼが広い・機械も大きい

こだわりのある食材探しのため展示会に行ったところ、粋き活き農場さんのブースを見つけた。そこで大潟村に行く約束し、後日大潟村を訪問した。

かつて第二の湖沼だった八郎潟を埋め立ててできた地が大潟村だ。その面積は1万7000haと日本最大の干拓地。実際にこの地に立つと、ここは日本かと思うほど広大は田園風景が見渡せる。田んぼ1枚の面積が約1.2ha、正方形で有と120m×120mとなる。その他に2枚の田んぼを1枚(真ん中の畔を抜いて)にしているところもあり、大規模農業の迫力に圧倒される。

この村の住民は、全国の入植希望者の中から選び抜かれた生産者ばかりだ。粋き活き農場の井手さんも九州から移住した農家だった。



有機農業を始めて25年というキャリア

粋き活き農場の会長・井手さんが有機農業を始めて25年以上が経ち、徐々に面積やその農法に賛同する近隣農家も増えた。今ではグループ全体での作付けは40haを超えている。米糠・オクラ・くず大豆を主原料にした自家製有機肥料にこだわり、時間をかけ発酵させた肥料を使用している。

有機農業の最大の難関は除草だ。農薬であれば1回の散布で草が生えなくなる。有機栽培の場合、何度も除草のため田んぼに入らなくてはならない。人の力だけでは広大な面積をカバーできず、そこはアイガモも利用する。カモは稲を避けて進むので土を撹拌し雑草をある程度は抑えてくれる。また害虫を食べるので大活躍していた。

有機農業は大変だが、環境や人が「いきいき」としている。

有機農業は労力・費用・リスクなど、未ださまざまな問題を抱えている。そして毎年が試行錯誤の段階だ。
毎年が新しいチャレンジの中、自然の摂理に逆らわず、自然と共に稲を育てていた。何かアイガモまでが「いきいき」としているように見えるほどだった。



かつて日本第2位の広さがあった湖を干拓してできた地が秋田県大潟村です。湖底だった大地は広大な田園風景へと生まれ変わりました。入植者は全国各地から希望者を選抜し、日本の新しい農業スタイルを確立するため移り住んだ人々です。入植当初の人々は大変柔らかい粘土質の土だったため、トラクターなどの機械が埋まってしまい試行錯誤の日々だったそうです。除草剤などの農薬に頼らず、自然界の法則(循環)に逆らうことなく、健康な食生活を送ってほしいという思いで栽培されたお米です。

生産者 粋き活き農場
産年 平成29年 品種 あきたこまち
栽培方法 有機栽培 価格(税込) 【5kg】¥3,905
商品名 【29年産新米】粋き活き農場さんの秋田県大潟村産あきたこまち(有機栽培米)
商品コード T005301S00705N
規格
個数
ツナギのお米が選ばれる理由

この商品に対するお客様の声 (→レビュー一覧はこちらから

新規コメントを書き込む
  • ★★★★★  ファンになりました!  2016/04/29

    レビュアー:sasuke

    もともと地元が秋田で小さい時から当たり前のようにあきたこまちを食べていましたが、このあきたこまちは地元でもなかなか出会うことのできなかった一品です!美味しい!!

電話・FAXでもご注文受付致します
お米ソムリエに聞く