米食味鑑定士が美味しいお米の情報をお届けするお米マガジン

  • TOP
  • ホーム
  • ショッピングサイトへ

ミルキークイーンの特徴と美味しい炊き方/食べ方

ミルキークイーンの特徴と美味しい炊き方/食べ方

国産米の中では比較的新しい歴史を持つブランド米、ミルキークイーン。しっとりとした柔らかな美味しさを生み出すまでに、国を上げて熱心な研究が重ねられました。新たなお米の可能性として注目されているミルキークイーンの特徴と、美味しく味わう方法をご紹介します。

ミルキークイーンの特徴

ミルキークイーンは平成元年から6年間かけて行われた、農林水産省による新種米開発プロジェクトによって誕生したお米です。茨城県つくば市の農業研究センターにて、コシヒカリの突然変異種をかけあわせることで生み出されました。現在は茨城県を中心に、北は南東北から南は九州まで、日本全国で広く栽培されています。

より美味しいお米を作ることを目的に開発されたミルキークイーンは、コシヒカリなど従来のお米よりも粘り気が強く、モチモチとした食感が特徴的です。また、ミルキークイーンの柔らかさは、炊きたてはもちろん冷めても失われることはありません。名前の由来は、玄米の粒の色が透明に近い乳白色に見えるところから来ています。

ミルキークイーンの美味しい炊き方

ミルキークイーンは粘り気が強く、水分を多く含むお米です。そのモチモチとした柔らかい食感を十分に引き出すには、炊飯をする時に入れる水の量に注意する必要があります。コシヒカリなどを炊飯器で炊く際は、米一合に対して炊飯器の目盛り「1」まで水を入れるのが通常の炊き方です。

これに対してミルキークイーンは、米一合に対して水は「1」の目盛りよりも1割から1.5割ほど減らして入れると良いでしょう。若干少なめの水で炊くことで、ミルキークイーンの粘り気ある美味しさを十分に引き出すことができるのです。ミルキークイーンに水を加えて、夏場は30分、冬場は2時間程そのまま浸しておくと、より一層ふっくらとした炊きあがりになります。

ミルキークイーンの美味しい食べ方

冷めても固くなりにくい性質を持つミルキークイーンは、お弁当やおにぎりなどにうってつけのお米です。お弁当のご飯は、温め直さずに食べると固く感じられることも多いですが、ミルキークイーンならその心配は無用です。しっとりとした食感は冷めても失われることはなく、美味しく食べることができます。炊飯は一度にまとめて行い、小分けにして冷凍保存をしているという方にもミルキークイーンはおすすめです。炊きあがったご飯を湯気ごとしっかりとラップで包み冷凍すれば、解凍後も変わらぬ美味しさを楽しむことができるでしょう。

その他にも、ミルキークイーンは比較的濃い味のおかずと好相性です。肉じゃがなどの煮物や焼き肉のタレと一緒に食べると、柔らかいお米の一粒一粒におかずの味がしっかりと染み渡ります。美味しさを追求して作られたミルキークイーンの魅力を、ぜひ味わってみてください。

 

こちらからミルキークイーンをご購入できます ⇒ ツナギのミルキークイーン


プロフィール
ツナギ編集部

ツナギ編集部

ツナギの米・食味鑑定士がお米の品種、生産地、生産者、お米コンクール等のお米にまつわるデータをご提供します。消費者に知られていないお米の情報や力のある米農家を世の中に広めるのが使命だと考え情報発信をしていきます。