美味しいお米のセレクト通販【ツナギ】 > お米を知る/お米の保管のしかた
美味しいご飯の炊き方
土鍋でご飯を炊いてみよう

数時間後に食べる場合

炊いた後数時間以内に食べる場合は炊飯器の保温機能を使って保存したもので食べて頂くと良いと思います。最近の炊飯器は24時間保温できる機能がある機種もありますが、炊飯器で美味しく食べたい場合は約5〜6時間以内に食べて頂くと食味があまり落ちずに食べる事ができます。

翌日に食べる場合

翌日に食べきる場合は、炊いたお米をそのままラップでくるみ冷蔵庫で保管する形が良いと思います。翌日以降に食べる予定がある場合は、冷蔵庫でも酸化が進んでしまうので、その場合は冷凍庫での保管をおすすめします。

1週間以内に食べる場合

まだ熱があるうちにラップに包むか、冷凍用保存容器に入れて急速冷凍させます。ラップに包む際には板状にごはんを均等に広げると早く冷凍することができます。包む際にはご飯を叩いたり、押し込まないのもポイントです。ごはんの粒が潰れてしまいますから。
冷凍したご飯はなるべく1週間以内に食べて頂きたいと思います。解凍は電子レンジを使って加熱してください。

あこ PROFILE

1981年、横浜生まれ、横浜育ち。
手作りの味を大切にする祖母と母の影響を受け幼少より料理に慣れ親しむ。

立教大学卒業後、投資ファンド事業会社に4年間勤務した後、料理の世界へ転身。
料理研究家のアシスタントにつき、各国の家庭料理、フラワー&テーブルコーディネートを習得。
白金のフランス料理、南麻布の和創作料理店で 和洋料理の基礎とおもてなしの真髄を学ぶ。
現在、国際薬膳師取得にむけて学びの日々を送る。

2011年より、料理サロン ひとつむぎ を主宰。
「こころ と からだ の健康は毎日のごはんから」をモットーに日々の料理に心を尽くす。

大好きなことは、
おいしいものを食べること、写真を撮ること 、ヨガをすること、そして旅をすること。

これまで旅した国は20ヶ国あまり。
底なしの探究心に突き動かされるように世界各地の市場や家庭、料理店を訪ね歩き、多様な食文化に触れ、自身の料理のアイディアの源泉を発掘し続けている。

料理サロン ひとつむぎ

所在地 : 東京都港区芝4丁目
URL : http://www.hitotsumugi.jp/

電話・FAXでもご注文受付致します
お米ソムリエに聞く