美味しいお米のセレクト通販【ツナギ】 > 品種 > なすひかり > 栃木県産なすひかり > 渋江優・頼夫さんの栃木県大田原市産なすひかり

渋江優・頼夫さんの栃木県大田原市産なすひかり

那須連山の伏流水がもたらす美味い米
食味値81点/慣行栽培米

遥か那須連山を望む

栃木県北東部に位置する大田原市。各地から桜の便りも聞こえる3月下旬に渋江さん一家を訪ねた。

遥か望む那須連山は雪帽子をかぶっており、桜こそ咲いていないが、圃場の傍らでは紅梅・白梅が陽光の中で咲き誇っている。庭先では家族総出で苗作りの真っ最中、栃木が生んだ新品種「なすひかり」の種籾がその出番を待っていた。この辺りではゴールデンウィーク頃に田植えの全盛期となる。良い米を作るには良い苗が欠かせない。「苗半生」と言われる程、健やかで元気な苗が出来るか否かが米の出来・不出来に直結するのだ。

江戸幕府の「天領地米」の歴史

ここ大田原市親園は江戸幕府との縁が深い。享和3年(1803年)に江戸幕府の直轄領になる等、米どころとして江戸幕府の台所を支えた。歴代の将軍様もここ親園で取れた良食味の「天領地米」を口に運んでいただろう。

一帯に圃場が広がるが、その圃場の多くは不整形で個性的な形をしている。古くから耕された圃場が昔ながらの形を残しているためだ。

また那須連山から流れる伏流水が圃場を潤しているのも、ここ親園の米づくりの特徴のひとつ。名峰の雪解け水が地層深くゆっくりゆっくりと流れて、ここ親園にたどり着く。清らかで冷たい水が今も変わらず圃場に恵みを与えているのだ。

「おいしい」の一言が何よりの励み

父・優さんは昭和12年生まれ。今も現役の専業農家だ。自分の作った米を「おいしいね」と言ってもらえることが何よりの喜びと話す。それ以上でもそれ以下でもない、掛け値無しの言葉だ。その思いは「天領地米」の歴史と共に、昭和41年生まれの息子・頼夫さんへと受け継がれ、歴史を紡いでいく。

送料無料
那須連山の伏流水が育んだお米です。江戸幕府の上納米の歴史が受け継がれています。

生産者 渋江優・頼夫
産年 平成28年 品種 なすひかり
栽培方法 慣行栽培 価格(税込) 【5kg】¥2,650
商品名 渋江優・頼夫さんの栃木県大田原市産なすひかり
商品コード T007601S01645N
規格
個数
ツナギのお米が選ばれる理由

この商品に対するお客様の声 (→レビュー一覧はこちらから

新規コメントを書き込む
電話・FAXでもご注文受付致します
お米ソムリエに聞く